50代・60代の肌の状態とスキンケアのポイント

50代・60代のスキンケアでは老化はもちろん、健康状態も考慮したうえで適切なアイテム選びや使い方を心がけていくことが大事です。

50代・60代のスキンケアは更年期の症状を軽減する対策も必要

50代からの化粧品の選び方

この時期の最大のポイントといってもよいのが更年期です。

 

卵巣機能が衰えていくことで女性ホルモンのエストロゲンが減少し、それが心身両面に大きな影響を及ぼすわけですが、その影響は肌環境にも及びます。

 

エストロゲンにはコラーゲンやセラミドの生成を促す働きがあるため、不足すると乾燥やバリア機能の低下といった問題が起こりやすくなるのです。

 

さらに肌のバリア機能だけでなく体の免疫力も低下することで吹き出物やニキビ、肌荒れといったトラブルも起こりやすくなります。つまりこれまで異常に敏感になった肌に合わせたケアが求められるわけです。

 

この更年期がもたらす問題に関しては当然更年期対策とうまく組み合わせながら行っていく必要があります。不足しがちになるコラーゲン、セラミドをスキンケアでうまく補いつつ、更年期対策で更年期の症状そのものを軽減していく工夫が求められます

 

なかなか難しい部分ではありますが、適切な更年期対策は精神面・健康面全般によい影響を及ぼすのでしっかりと行っていきたいところです。

50代以上はターンオーバーの活性化と紫外線対策もスキンケアの大事なポイント

50代からの化粧品の選び方

さらに老化がもたらす肌の状態の変化にも目を向けなければなりません。

 

先ほどエストロゲンの影響でセラミドとコラーゲンが不足すると書きましたが、プラス老化による減少も進行していきます。体の働きが低下することでこれらの成分を作り出す機能そのものが衰えてしまうからです。

 

角質層に含まれているセラミド、コラーゲン、そしてもうひとつ重要な保湿成分のヒアルロン酸の量は50代になると20代の半分から3分の1程度にまで減少してしまうといいます。

 

それだけ日ごろの保湿ケアでいかにうまく乾燥を防いでいくことができるかがポイントとなるでしょう。

 

もうひとつ、ターンオーバーの活性化と紫外線対策もスキンケアの大事なポイントです。

 

50代後半から60代にかけてシミが目立つようになります。しかもイボのように膨らんだ目立つシミができるようになりますが、これはターンオーバーの乱れと紫外線のダメージが主な原因と考えられています。

 

新しい肌と古い肌が入れ替わるターンオーバーの周期が遅れがちになるとシミの原因となるメラニン色素が排出されずに肌に沈着を起こしやすくなり、さらに沈着した部分がどんどん積み重ねってしまうといった問題も出てきます。

 

紫外線対策をしっかり行いつつ、ターンオーバーを促すケアをしっかり行っていきましょう。

 

EGFやプラセンタエキスといったターンオーバーの活性化に役立つ成分もよいですが、睡眠環境の改善やストレスの解消といった日常生活でできる対策も役立つのでうまく取り入れていきましょう。
エファージュの口コミと効果>>

50代からの化粧品選びのコツ

50代は肌の衰えが加速していくことで環境にも変化が生じます。シミやくすみ、シワといったトラブルが起こりやすくなるわけですが、それを防ぐためには化粧品選びにもひと工夫が求められるようになります。

50代の化粧品選びではいかに老化の進行を防ぐかが重要

50代からの化粧品の選び方

50代からの化粧品選びのコツは大きく分けると3つのポイントがあります。

 

まず老化の進行をいかに防ぐことができるか

 

たとえば角質層に含まれているセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分は加齢とともにどんどん減少しており、50代にもなるとピークだった20代に比べて半分〜3分の1程度にまで減ってしまっています。

 

それを化粧品でうまく補っていくことができるか。加齢とともに失われていく肌の成分を適切に補っていける化粧品を選びましょう。

 

皮脂の分泌量が減少することで水分や補った有効成分が蒸発しやすくなりますから、乳液・クリームで油分をうまく補っていく工夫も求められます。若い頃はさっぱりした使い心地を好む傾向がありますが、50代になったらしっとりしたタイプの化粧品も試してみましょう。

 

2つ目のポイントは今現在抱えてしまっているトラブルの改善に役立つケアができるかどうか。50代でシワやシミといった悩みをまったく抱えていない方はいないでしょう。

 

老化を防いでトラブルを予防するだけでなく、すでに抱えてしまったトラブルをいかに改善・解消していけるかも大事なポイントとなるわけです。

50代はターンオーバーの活性化とコラーゲンの生成ができる化粧品を!

50代からの化粧品の選び方

たとえばシミ対策なら美白化粧品が欠かせません。シワ対策なら後述するコラーゲンの生成を促す成分、くすみや角質肥厚ならピーリング化粧品などが選択肢として挙げられるでしょう。

 

ですから自分がどんなトラブルを抱えており、どんな化粧品が対策に適しているのかをしっかり把握した上で選ぶことが求められます。ただし、効果ばかりを意識して肌に負担をかけるような化粧品は避けましょう。

 

3つ目は老化によって低下した肌の働きを改善すること。ひとつめのポイントとも関わってきますが、こちらは老化によって不足した成分を補うのではなく、肌の機能を活性化させるための成分を補うのがポイントです。

 

この点でとくに重視したいのがターンオーバーの活性化とコラーゲンの生成です。肌の新陳代謝であるターンオーバーは通常28日周期と言われていますが、年齢を重ねるにつれて遅くなっていきます。

 

50代になると50日以上ともいわれ、古い角質が居座ることでくすみや角質肥厚、さらにはメラニン色素が排出されにくくなることでシミの原因になってしまいます。

 

EGFやプラセンタエキスなどターンオーバーの活性化に役立つ成分を補いましょう。またビタミンC誘導体、レチノール、FGFといった成分は体内でのコラーゲンの生成を促す働きがあるため、シワやたるみを改善していくのに役立ちます。

シミ対策はこう行う!美白化粧品とファンデの選び方使い方

シミ対策はスキンケアとメイクの両方でうまく行っていきましょう。できればスキンケアでシミそのものを薄くしていきたいところですが、一度できてしまったシミを消すのは難しいですし、あまり過剰なケアをするとかえって肌に負担をかけてしまう恐れがありますからメイクでうまく隠す工夫も求められます。

 

逆にメイクで隠すことばかりを意識してしまうと厚塗りになってしまい、不自然な仕上がりになるだけでなく肌に負担をかけてしまう恐れが出てきます。

ターンオーバーを活性化させ効率よく美白ケア

50代からの化粧品の選び方

美白化粧品の選び方・使い方では美白成分の効果をうまく活用しつつ肌環境そのものの改善を目指していくことが重要です。

 

そもそもシミとはメラニン色素が角質に沈着を起こすことで生じるもの。そしてこのメラニン色素は紫外線をはじめとした外部からの刺激に対して生成されます。

 

ですからバリア機能を修復することで刺激を受けにくい環境にすればメラニン色素の生成量も減りますし、ターンオーバーがしっかり機能していれば生成されたメラニン色素は沈着を起こすことなく排出されます。

 

美白成分はメラニン色素の生成をブロックする優れた効果を備えていますが、肝心の肌環境にシミができやすい環境を抱えていると十分な効果は得られません。

 

美白成分だけに頼るのではなく基本的なスキンケア・エイジングケアができる環境づくりと化粧品の使い方を意識するようにしましょう。もちろん、紫外線対策も欠かせません。

50代のファンデーション選びではカバー力ばかりを意識しないことがポイント

50代からの化粧品の選び方

ファンデーションの選び方・使い方ではカバー力ばかりを意識しないことがポイントです。

 

シミを隠すならカバー力が高いほうがよいのですが、リキッドファンデーションのように肌への密着度が高いタイプはクレンジングの際に落としにくくなるためどうしても肌への負担が大きくなってしまいます。

 

基本的にはパウダータイプ、それもできるだけ粒子が細かいパウダーが使用されているものがオススメです。

 

そのうえでパウダーを少量ずつ肌に乗せながら塗付していきます。シミを隠すことばかりを意識してしまうとその部分だけ厚塗りになるなど不自然な仕上がりになってしまいます。

 

全体にムラなく塗付していくことを意識して使いましょう。その方法ではどうしてもシミを隠せない場合にはファンデを厚塗りするのではなくコンシーラーも併用したほうが自然に仕上げられます。

 

あとは化粧下地をうまく活用すること。エイジングケア用のオールインワン化粧品なら化粧水や美容液の効果と一緒に化粧下地のケアも併せて行うことができます。

 

下地のうえにファンデーションを使うことでノリがよくなり、しっかり肌に馴染んでシミを自然に隠しやすくなるでしょう。

年齢が最も出る目元口元のケアと化粧品

顔のパーツの中でももっとも年齢が現れやすいのが目元と口元です。しかもどちらも目立つ場所なのでこの部分に老化が見られると全体が老けた印象になってしまいます。それだけにこの2つのパーツはエイジングケアにおいて最大のポイントといってもよいでしょう。

50代の目元口元ケアでは低刺激な化粧品を使うこと

50代からの化粧品の選び方

そもそもどうしてこの2つのパーツは年齢が出やすいのか?共通している理由が「皮膚が薄い」点です。

 

とくに目元の皮膚を触れてみるとわかりやすいですが、頬や額に比べるとかなり薄くなっています。その分外部からの刺激を受けやすいのです。目元などはとくに紫外線のダメージを受けやすい場所にあるためその蓄積がシミやたるみとなって現れやすくなっています。

 

目元の場合はさらに皮脂腺が少なく皮脂の分泌量が少ない点も挙げられます。その分乾燥しやすく、またバリア機能が十分ではないため紫外線のダメージを受けやすいのです。しかも目を酷使して疲れたときに擦ってしまうなど余計な刺激を加えるとますますトラブルが起こりやすくなってしまうのです。

 

ですから目元ケアのポイントとしては低刺激な化粧品を使うこと、最近では目元ケア専用のアイテムも登場しているのでうまく活用してみましょう。

 

それからアイクリームなどで油分をうまく補い、バリア機能をしっかり維持するよう勤めましょう。この2つの基本を踏まえておけばずいぶんと目元の環境が違ってくるはずです。

保湿ケアでハリと潤いを保つケアも忘れないこと!

50代からの化粧品の選び方

もうひとつ注意したいのがケアの際に肌に負担をかけないようにすること

 

化粧品を塗付する際に強く擦る、マッサージで圧伏させてしまう行為は皮膚に負担をかけるだけでなく、皮下に流れている毛細血管にダメージを与えてしまい、血行不良を引き起こしてしまう恐れもあるので要注意です。

 

あとは紫外線対策、日焼け止めだけに頼るのではなく、日差しの強い日や長時間屋外で過ごす場合には日傘や帽子などもうまく活用しましょう。

 

口元も基本的には目元と同じく低刺激な化粧品で油分を適度に補うケアが必要ですが、プラス口紅の負担に気をつけましょう。落ちにくい口紅を使うとクレンジングの際に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

さらに目元と口元は表情を作ったときにシワができる部分です。老化の影響でハリが低下するとこの表情シワが戻らなくなり、目じりやほうれい線など深いしわが刻まれてしまうようになります。

 

保湿ケアもしっかり行いハリとふっくらとした潤いを保つためのケアも忘れないようにしたいところです。

 

スキンケアに加えて表情筋トレーニングなども取り入れるとより効果的に目元・口元のケアを行っていけるようになるでしょう。パソコンやスマホによる眼精疲労も要注意です。
エファージュの口コミと効果>>

サントリーの人気化粧品エファージュ

エファージュ

エファージュ

目元口元のたるみ・ハリ不足に!50代以上に人気の酵母エキス配合化粧品
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム ・洗顔料 ・保湿化粧水・美容液・保湿クリーム・日中用クリーム)
更に詳しく見てみる!>>